フリーランスエンジニアのお金の話

会社設立・節税方法・太陽光投資・米国株投資など自分が経験したノウハウを紹介するブログです

【2017年7月】太陽光発電の売電収入は29万円・発電量は約9300kwh。シュミレーション比113%超えでした

 

太陽光投資を始めて、一ヶ月が経ちました。

2017年7月の発電量が確定しました。

 

2017年7月の売電収入は約29万円

  • 7月の発電量のシュミレーションは7986kwh
  • 実際の発電量は9300kwh
  • シュミレーション比113%で発電しました

単価は29円なので、9300×29円×消費税 = 291,276円でした。

f:id:solars:20170817123404p:plain

ずっと天気がいい状態が続いたので、シュミレーションより発電することが出来ました。売電収入は約29万円となかなかです。いつ頃入金されるかわからないですが楽しみです。

 

太陽光発電投資をはじめる上で、

「シュミレーション通りにちゃんと売電するだろうか?」

という不安がありましたが、実際にちゃんと売電することが出来たので、一安心です

 

シュミレーションデータより大きく発電量が乖離すると、お客さんからクレームが来るようで、業者も割りと厳し目のシュミレーションデータを作成しているようです。

 

実際に1ヶ月間発電したことでわかった太陽光発電投資の魅力は、

  • パネルを設置したらすぐ売電収入が入る
  • ほったらかしでもOK

不動産投資とは違い、パネルを設置したらすぐに売電収入が入るのはすごくうれしいです。しかも、日々やることはなにもありません。ちゃんと発電していかどうかは遠隔システムで監視していますし、日々の発電量もすぐに分かります。