フリーランスエンジニアのお金の話

会社設立・節税方法・太陽光投資・米国株投資など自分が経験したノウハウを紹介するブログです

30代になってもお金がないやつは一生お金に困る理由

ひさしぶりに友人Aと飲んだ。Aは私の一個上で今年33歳になる。埼玉県所沢市に奥さんと子供二人の4人家族。都内のIT会社に勤務しており通勤は片道1時間30分。年収は500万円。よくある一般家庭。

そんなAが私に「お金が欲しい。どうやったらお金増やせるの?」と相談してきた。お金が欲しい理由は、子供の教費費の準備や自身のお小遣いが月2万円だから。ボーナスはしっかり貯金しているけど、毎月貯金が出来ない。

Aがなぜお金が貯まらないのか考えてみた

  • 20代後半で結婚。共働きでお金を貯めれる一番いい時期なのに、すぐに子供を授かった。→ お金の事を計画的に考えれていない
  • 20代はブラック会社を転々としており年収が低かったため貯金が出来なかった → 専門大学しか出ておらずまともな会社に就職できなかった
  • 20代の頃から貯金や投資などについて本を読まないまま30代に突入。金融リテラシーが低い。→ 今になってようやく気づいた

かくいう私は、

  • 20代の頃から、平日の夜、土日含めて仕事&自己投資ばかりしていた。そのおかげで、同年代の中でも優れて独立。今では月200万円〜300万円なにもしなくてもお金が入ってくる状態を作った。
  • 年収が増えても、時計・車・高い家賃・女遊びなどせず、ルームシェアで固定費を削減するなど生活レベルを保った。
  • 投資信託でコツコツ投資に回す、太陽光発電投資をはじめるなど投資をしているおかげで、31歳で貯金含めた金融資産は5000万円超え

Aは今までお金に無頓着でこのまま30代突入したらどういう感じになるのかまったく20代の頃想像しておらず、お金が増えない選択肢ばかりしてきた。

Aはこれから、教育費が必要になるし、今住んでいるところが賃貸マンションだから住宅ローンも必要。今後ますますお金は必要。でも投資したりする元手がない。これが独身だったら、月5万円貯金できて、通勤時間も30分の場所に引っ越すとか出来たのに。奥さんは専業主婦でその前は普通のOLをしていたから再就職は厳しいし、そもそも本人が働く気がない。

 

私はこれから結婚して、子供を授かって、住宅ローンを組む。今後ますますお金は必要。でも金融資産は5000万円あるし、それをつかって年3%の運用も可能。結婚相手は年収800万円・東京出身で23区に実家がある。一人っ子だから、将来5000万円程度の価値がある家は彼女のものになり、そこに住むことが出来る。そのため高額な住宅ローンを組まなくてもいいし、毎月200万円〜の不労収入はあるし。結婚を一つの投資として考えると、私はさらにお金が増える相手を選んだ。

 

私の友人は田舎で一人暮らしで年収400万円。会社から家賃補助が出て、3LDKを月2万円で借りている。20代の頃から自分と同じようにお金に危機感を持っていて、社会人になってすぐに、不動産投資を開始。一戸建て3棟。不労収入が年200万円。しかも、1棟はもう元がとれている。年収400万円のサラリーマンなのに毎月最低でも20万円も自由に使える。

 

20代には戻れないのでAが現状を打破できる方法を考えてみた

  • 住宅ローン組むなら中古マンション2000万円ぐらいのを買う
  • 貯金しかしていないのを投資信託のような金融商品に変える
  • 奥さんも働きに出てもらう
  • 子供に奨学金を借りてもらうのを前提とする
  • 毎月貯金できる家計に改善する

いろいろ考えたんだけど、結構手遅れなんだよね。貯金から投資にシフトしても元手が少ないからインパクト小さいし、奥さんは働くつもりないし、大学も奨学金を借りてもらうしかないよね。彼は仕事真面目だし、年収も40代で600万円ぐらいには行くと思う。でも、きついよね。

 

Aみたいな東京で働いている家族持ちならあるある話。

30代になってお金がないやつはずっとこの先もお金に苦労する。結婚して住宅ローンを組んでいたらもう身動きできない。やっぱり、こういうことにならないように20代の頃から頑張るべきなんだよね。そのつけが回ってきているだけ。

  • みんながお酒飲んでリア充しているときに仕事する、スキルアップする
  • 結婚はしない、しても共働き子無しで、ダブルインカムにする
  • 20代の頃から投資信託などにコツコツ貯める堅実性
  • 酒、タバコ、ギャンブル、投機、車、一切しない
  • 時間のある限り自己投資

どうしてそういうことをしないんだろうか。

 

【2017年9月10日】天気良くて最高!本日397.21 kWh発電、12,440円の売電収入でした

本日の売電記録

f:id:solars:20170910233210p:plain

シュミレーション上では9月の発電量はだいぶ落ちるみたいですが、天気がよくて良い出だしです。

本日の売電は、

  • 397.21 kWh発電
  • 単価 1kWh 29円で売電
  • 12,440円の売電収入

12,440円分の発電をしてくれました。

 

不労収入美味しいですね!

今日は天気がよかったので、車の洗車をして、午後は買い物に出かけました。

 

1日1万円、30日で30万円!

年間360万円が20年間続くと思うと、セミリタイアも可能ですね。

太陽光発電投資と不動産投資どっちが儲かるの?私が太陽光発電投資を始めた理由


今年から太陽光発電投資を始めています。

不動産投資ではなく、なぜ太陽光発電投資を始めたかについてまとめました。

 

太陽光発電投資のいいところ

f:id:solars:20170817121653p:plain

 

太陽光発電投資の良いところを説明する前に、太陽光発電投資の仕組みについて。

 

太陽光発電は、安い土地にパネルを敷き詰めて発電した電気を電力会社に売電します。FIT固定価格買取制度という制度があり、これは一度契約した単価で20年間電力会社が電気を買い取ってくれます。いまだと1kWh29円で買い取ってくれます。この制度を利用した投資になります。

一戸建ての屋根にパネルを敷き詰めてるやつもあれも投資です。あのタイプは10年間電気を買い取ってくれます。産業的にもっと大規模にパネルを敷き詰めてやるのが、太陽光発電投資です。

太陽光発電設備一式で、だいたい安いものだと1000万円〜あります。私が購入したのは2500万円の物件です。年間300万円ぐらい売電収入があり、年間で40万円ぐらい土地代やメンテナンス代に消える感じです。

というのが簡単な太陽光発電投資の仕組みです。

 

太陽光発電投資の魅力は4つあります。

  • 安定して収入が入ってくる
  • すぐに収入が入ってくる
  • 元を取るのが早い、早い段階で資金を回収できる
  • ライバルが少ない

 

1. 安定して収入が入ってくる

不動産投資だと、近くに似たような新築物件が立つと自分の物件に入居者がこなくなる可能性が増えます。まったく同じような設備、間取り、駅からの距離で家賃もあんまり変わらないなら、新築に住みたいですよね。

太陽光発電投資は、隣に新しく太陽光発電設備が出来ても関係ありません。競合する物件は一つもありません。FIT固定価格買取制度が続く限り、一度契約した単価で電力会社に売電することが出来ます。

将来的に電力会社が電気の買い取りを制限することはあります。しかし、自分の物件だけ買取制限を受けて、隣の新しく出来た物件は買取制限をうけない、ということはありません。

2. すぐに収入が入ってくる

設備が完成して、電力会社と売電契約を結んだら、その日から売電収入が発生します。入居者の募集をしたり、そのために管理会社に仲介手数料を払ったりする必要がありません。

私が今住んでいる物件は23区の駅徒歩5分の新築2LDKです。この物件は新築なのに、約3ヶ月以上入居者が決まらず、最初に設定した家賃15万5000円から値引いて、14万5000円で満室になりました。3ヶ月間も空室なので、機会損失は45万円になります。

さらに、10月には隣がいなくなり現在入居者を募集しています。家賃はさらに下がり、14万円で募集しています。退去費用もかかるでしょうし、また空室になります。まだ物件が完成して2年しか経っていません。近くにデザイナーズのおしゃれな物件がバンバンできているからでしょうか。

太陽光発電なら、売電契約が結べたらすぐに売電開始です。退去費用も発生しないですし、空室リスクもないし、ライバルのリスクもない。

 

3. 投資資金を回収する期間が短い

投資した資金を回収するまでにかかる期間は不動産投資に比べて短いです。私は2500万円の設備を購入しました。毎年、メンテナンス費や土地代がかかります。この投資したお金の元を取るのにシュミレーション上では、12年〜14年かかります。FIT固定価格買取制度は20年間の契約なので、残りの6年〜8年間はまるまる儲けになります。

不動産投資で都内新築RC区分マションの1室を買った場合では、表面利回り5%ほどでしょうか、これだと35年ぐらいかかります。不動産投資は太陽光発電投資のように20年間だけではないので、35年〜あと続く限り一生収入は入ってきます。この点は不動産投資の魅力です。土地持っている人は次の代まで安泰です。

しかし、30歳で投資をはじめると65歳でようやく元がとれます。65歳になってようやく不労収入が入ってくるより、太陽光発電投資なら45歳で元がとれるから嬉しいですよね。

また、35年間何事もなく無事に投資が出来てお金が入ってくるかは相当未知数です。不動産投資は人が絡むのでシュミレーション通りに進まないことのほうがよくあります。

太陽光発電投資なら、人は一切絡みません。元を取るのに12年〜14年と短いので現実的です。投資してから10年もあればライフプランも変わってくるはずです。お金が欲しいときに手元にあれば別の投資をすることも出来るし、子供の教育費に回すことも出来ます。

 

4. 投資している人が少ない

太陽光発電投資は坪単価1万円もしないような場所に、パネルを設定して売電するため、担保になるようなものがありません。なので、サラリーマンが2500万円の物件をローンで購入したいとなるとハードルが高いです。不動産投資なら間違いなくお金を貸してくれます。1億ぐらいは借りれるんじゃないでしょうか。

一般的に不動産投資の方が人気なので、いい物件をゲットしようとライバルが多いため、なかなか良いところを見つけて投資がしにくいです。しかし、太陽光発電投資はライバルがあまりいません。

私は法人で太陽光発電を買っています。事業資金に2500万円あったら、おそらく殆どの法人は太陽光発電投資はせずに自分たちの事業を回す運転資金に使います。一方で、個人で2500万円あったら、投資信託を買うか、自分たちが住むマンションなどの頭金として使います。

なので、太陽光発電投資をする人は、よほどお金を持て余している人に限られます。しかも、お金さえあれば誰でも買えてしまうので、私みたいな素人でも表面利回り12%超えの物件を購入することが出来ました。

 

私の友人は地方の競売物件を安く買って、自分で管理しています。23歳で購入した一戸建ての物件は元を取ってしまい、彼は今33歳ですが、ずっとこの先不労収入が入ってきます。この魅力は不動産投資しかないです。

競売物件は昔はマイナーでしたが、今は情報が増えてしまい、だれでも簡単に出来ます。そのため、いい物件がないとぼやいていました。これからもどんどんいい物件は出回らずに人脈がある人だけがゲットできるようになります。

私はそんな人脈を作る時間は惜しいですし、本業を優先したいので、あくまでも、簡単に物件を買えて、放ったらかしで投資できる太陽光発電投資を始めました。

 

私が購入した物件はこちらです。 

solars.hateblo.jp

 

7月の売電収入は29万円でした。シュミレーション比113%超え 

solars.hateblo.jp

 

 

 

【2017年8月】太陽光発電の売電収入は27万円・発電量は約8600kwh。シュミレーション比101%超えでした

 

今年の6月から売電開始した太陽光発電の8月分のデータが揃いました。 

2017年8月の発電結果

f:id:solars:20170901004056p:plain

 

  • 発電量:8600kwh 
  • 単価:@29円
  • 売電収入:約27万円(税込み)

業者のシュミレーションでは8月の発電量は8500kwhなので、シュミレーション比101%で推移しました。シュミレーション通りに発電しました。
 
東京は13日連続で曇り・雨で天気がよくありませんでした。全国的にも天気が悪く夏らしくなかったですね。発電してくれるか心配でしたが、8月の下旬から天気がよくなり巻き返しが出来て、最終的にはシュミレーション通りに発電できました。
 
9月の発電量は7000kwhを予定しています。9月は台風があるので天気が悪いようです。これから秋、冬と売電は落ちていくみたいです。

ほったらかし

太陽光発電のために今月やった作業はありません。販売店からも連絡がありません。 完全にほったらかしで投資しています。何もしなくても毎月20万円〜30万円が今後20年間入ってくる予定です。

 

あと2つぐらい同じような物件買ったら、毎月100万円何もしなくてもお金が入るわけです。サラリーマンの方で融資を受けまくって稼いで会社辞めている人もいるみたいです。私は太陽光発電投資ばっかり投資するのも危ないので買いませんが。

swift使うのしんどい

swiftのバージョンアップ対応がしんどいです。

 

私がリリースしているアプリの殆どがswift2.3で書かれていて、3.0にアップデートしないといけないです。バージョンアップしないままだど、xcodeが古いswiftを切ってくるからビルドできなくなる。

 

バージョンアップしたらアプリが落ちないかテストしないといけないでしょ。xcodeが自動的にすべてswift3の書き方に直してくれない。cocoapodで使っているライブラリもswift3に対応したやつにアップデートするわけだけど、これも書き方が変わっていることがあるから書き換えないといけない。

 

ただのバージョンアップに1日ぐらいかかります。バージョンアップしたら、ちゃんと今まで通り動くのを確認するけどその時間も惜しい。

 

ビルドが遅い、アーカイブに時間がかかる。最新30万円フルスペックのmacbookproでもビルドにめちゃくちゃ時間がかかります。objective-cなら1分もしないようなアーカイブが5分ぐらいかかります。Appstoreへのアプリのアップロードも時間がかかってしょうがない。fastlane使えよって

 

自分が雇われの会社員エンジニアだったら喜んで自分の技術スキルアップのためにバージョンアップするんだけど、経営者の立場からしたら、今まで通りアプリがちゃんと動いてくれることの方が心配で、swift使いたくないんだよね。

しかもバージョンアップの時間はかかるし、糞すぎる。

 

開発する時はobjective-cよりswiftの方が早いんだけど、こういうバージョンアップを今後もやるのはしょうじきしんどい。swift3対応してないのに、swift4も開発されているわけでめんどうだね。

 

かといって、objective-cのままでいいかというとこれも分からない。objective-cだとアプリの申請が通らないってことも将来的にはあるし、プログラミングするスピードならswiftの方が楽。でもswiftのnilチェックはしんどい。

 

やっぱりswift使うのしんどい

 

 

 

【2017年7月】太陽光発電の売電収入は29万円・発電量は約9300kwh。シュミレーション比113%超えでした

 

太陽光投資を始めて、一ヶ月が経ちました。

2017年7月の発電量が確定しました。

 

2017年7月の売電収入は約29万円

  • 7月の発電量のシュミレーションは7986kwh
  • 実際の発電量は9300kwh
  • シュミレーション比113%で発電しました

単価は29円なので、9300×29円×消費税 = 291,276円でした。

f:id:solars:20170817123404p:plain

ずっと天気がいい状態が続いたので、シュミレーションより発電することが出来ました。売電収入は約29万円となかなかです。いつ頃入金されるかわからないですが楽しみです。

 

太陽光発電投資をはじめる上で、

「シュミレーション通りにちゃんと売電するだろうか?」

という不安がありましたが、実際にちゃんと売電することが出来たので、一安心です

 

シュミレーションデータより大きく発電量が乖離すると、お客さんからクレームが来るようで、業者も割りと厳し目のシュミレーションデータを作成しているようです。

 

実際に1ヶ月間発電したことでわかった太陽光発電投資の魅力は、

  • パネルを設置したらすぐ売電収入が入る
  • ほったらかしでもOK

不動産投資とは違い、パネルを設置したらすぐに売電収入が入るのはすごくうれしいです。しかも、日々やることはなにもありません。ちゃんと発電していかどうかは遠隔システムで監視していますし、日々の発電量もすぐに分かります。

太陽光発電投資を始めました。2500万円の物件を現金一括で購入。毎年300万円の売電収入が20年間入るようになります。

 

太陽光発電投資を始めました。

購入した物件の概要

  • 2500万円の低圧物件
  • 表面利回り12%、実質8%
  • 年間予想発電量95,000kWh
  • FIT固定単価 29円
  • 年間予想売電収入300万円
  • 東京電力の管轄エリア

 

f:id:solars:20170817121653p:plain

 

13年目から黒字

初期投資額は2500万円、毎年土地の賃料や保険代やメンテナンス費などがかかります。

すべての投資金額を回収できるのは約12年目。13年目〜20年目の7年間が儲けになります。

 

20年間の売電収入は約5800万円、20年間の費用は約3800万円、つまり2000万円が儲けになります。2000万円に法人税がかかるので法人税率33%とすると、660万円は税金としてとられてしまいます。

なので、純利益は1340万円です。20年間で1340万円の利益が得られるので、毎年67万のお金が入ります。

 

利回りが12%と高くても、固定価格買取制度は20年間しかありませんので、20年間しか売電収入は入りません。21年目は固定価格買取制度が始まって誰も経験していないので、どうなるかわからず。私は20年間の売電が完了したら、設備を撤去して土地を戻すつもりです。

 

実際の売電収入

f:id:solars:20170817123404p:plain

7月の売電量は約9200kwhでした。売電収入は28万円になりました。6月から売電を開始していますが、7月はとても天気が良くてシュミレーション比120%で売電しました。

 

8月は東京は16日連続の雨になるなど、天気がよくありません。おそらくシュミレーション比80%程度になります。

 

太陽光発電投資は天気にとても左右されてしまいますが、気楽なのはパネルを設置したその日から売電収入が入ってくることと、人が絡まないのでクレーム類は無いですし、20年間の安定したお金をもたらしてくれることは間違いないです。

 

今回購入に至った理由としては、現金一括で買えるお金があったからです。13年目で投資金額を回収予定ですが、天気が悪くて15年目でようやく回収できても、あと5年間売電します。

 

投資した金額はほぼ間違いなく回収できるはずです。

回収できなくなるリスクとしては、

  • FIT固定価格買取制度が突然終了する
  • 東京電力が出力制御をかける
  • 地震でパネルが壊れる
  • 日本で戦争が始まる

などが考えられます。

買取単価は徐々に下がるはずですが、FIT固定価格買取制度が終了することはないと思います。東京電力が出力制御をかけるのも、東京に人口が増え続ける限り問題ないでしょう。天災を危惧していたら投資は出来ないですし、戦争が始まったら自分の命すら危ういですね。